苗やさんから癌腫に対する問い合わせの返信メールがきました~

前の記事で
1年前に植えた
イヴピアジェの生育が悪いので
鉢を開けてみたら
でっかい癌腫ができていたと書きました。。
IMG_7754.jpg

ダメもとで保証はあるかどうか
苗やさんにメールしたら
すぐに返信が返ってきました。。

結果は・・・ダメでした。。
内容は下記に貼り付けておきます。。
概要は
・この苗やさんは癌腫に対しては半年補償なので補償期間が過ぎていること。。
・癌腫に対する苗やさんの見解。。
です。。
まあ・・仕方がないかなー


以下
メールの内容です。


○○様  
  
お世話になっております。 
この度はご連絡いただきましてありがとうございました。  

当店ではがん腫はご購入から半年以内でしたら補償期間になります。
申し訳ございませんが、今回は補償期間外となります。

がん腫苗の処置法についてです。

社長ががん腫についてまとめたものがございますので
以下に添付いたします。ご参考いただければ幸いです。

どうぞ宜しくお願いいたします。

以下がん腫についての社長の見解です。
  
【根頭がん腫病について】


根頭がん腫病は、うどん粉病などと同じように、
どんなに消毒していても、時に出てしまう病気です。

苗を作る段階で、度々消毒しているのですが、

根頭がん腫病の菌は、自然界のどこにでも存在する
菌(アブロバクテリウム・ツメファシエンス Agrobacterium tumefaciens)

となりますので(うどん粉病、黒点病と一緒です)
圃場のみの消毒(バクテローズ処理等)では限界があります。

また夏場の水枯れなどから根が傷み、
それによって秋に発生する事も多いです。

また植えつける用土によってもがん腫の発生のしやすさが異なり、
赤玉土が多めの方が科学的にも発生が少ないと証明されています。


根頭がん腫病の対処法としましては、
大きめのカッターナイフなどで切り取り、

バイネキトン
http://item.rakuten.co.jp/baranoie/960403/

油粕などを切り口に塗りつけます。

そうすれば、またコブが出きる時もありますが、
同じ対処をすれば、だんだんとなくなります。

また、切り取ったコブはゴミで出して、
お庭に放置しないでください。

ですが、コブ自体には病原菌はありませんので、
それほど神経質になる必要はありません。
(病原菌による自己増殖で、コブにはないのが科学的に証明されています)


また、病気への対処をしましても気になるようでしたら、
元々のバラは堀あげ、ゴミとして焼却してください。

私の私見では、
処分してもしなくても自然界に普通に存在する典型的な菌ですので、

それほど気にせず、個々の樹の対応(コブの切除&バイネキトンの処理)
で十分な対応です。


この対応だけで、今後も美しいバラを咲かせられますので、
ご安心してお育て下さい。


簡単にですがご説明させて頂きました。

この度はありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*
苗やさんの住所と名前

*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*



> 2014年11月14日に注文して
> 2015年に到着した
> イヴピアジェの大苗(注文番号【          】)
> ですが
>
> 鉢に植えて生育が芳しくなく
> 1年後の本日
> 2016年2月14日に植え替えしたところ
> 大きな癌腫が見つかりました
>
> →下記ブログの記事を参照してください
>  http://shibafutobaranoniwa.blog.fc2.com/blog-entry-160.html
>
>
> こういう場合
> 苗補償はあるのでしょうか?
>
> よろしく
> 回答お願いします。
>
> ○○県・・・・
> ○○

以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

変わってないですねー

私はこちらのお店で買ったバラについて癌腫が出たことがありますがすでに3年経過していたので今までに癌腫の対応をお願いしたことはないのですが、この文面は以前ネットで見たことがありますよー。

特に変わってないんだなぁ。そりゃどこかで線引きしないとすべてに保証は無理だと思うけどちょっとくらい臨機応変に対応してくれたらいいのにね。確かにちっちゃい癌なら育てられると思いますけど伝染るものだというしすごく大きい癌ですもんね。

結局自衛かなーと思います。裸苗で買うか冬に購入して完全に土を落として検査してーみたいな。
癌腫がでないのが売りの苗屋さんもあるにはあるのですがそこは宗教ぽくて微妙すぐるw

うめこ様

コメントありがとうございます。


薔薇愛好家からすると
庭は限られてますから
ぜったい菌密度高めたくないっすよねー

保証期間半年は・・
植えるときに仮植えした土をひっぺがして
よく見ないとワカラナイてえことですよねー
結局、苗やさんの経営的な判断でこうなっているんだろうなー
て感じてます。。

仰せの通り
結局、なんらかの自衛して
羅病株を庭に入れる確率を減らすしかないかなー
裸苗を見直してきました。。

露地で出したくないなー

No title

薔薇の数が増えると中には癌種の薔薇も
何本か出てきますよね~
詳しく説明有り難うございました。

今日はコーヒーを飲みに行った喫茶店が
偶然にも以前薔薇園をやってる人でした。

色々教えていただきました。

癌種の元の薔薇は捨てて切った枝を
ノイバラに接木すると良いらしいですね。

本格的に私も薔薇を育ててみようかと
思います。

色々また教えてくださいね。

センチメンタル様

良い喫茶店見つけましたね!

そういう喫茶店が近所にあれば
私なら入り浸ってしまいます。。

癌腫は今回
いろいろと考えされられました。

今まであんまり深く考えてこなかったです。
露地に植えるときも
大苗の土をつけたまま
根も何も見ずに
植えてましたから
反省しなければ・・・

ただいま
勉強中です。。


それから・・・
癌腫になったものから
穂木とってノイバラに接ぎ木する
OKとのこと
ありがとうございます。
プロフィール

shibafutobara

Author:shibafutobara
三重県にて家族をこよなく愛するサラリーマンです。
県内のガーデナーと交流を持ちたいなあ。

ツイッターです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター 2015年1月15日~
フリーエリア
ブロとも一覧

Kako's Roses in Pots ~薔薇鉢の並ぶ庭~

そらまめどっとこむ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR