短いおつきあいでした ビブレバカンス!さようなら

去年大苗でイヴピアジェとともに買ったビブレバカンス!

とっても調子がよくて
めちゃくちゃ花を咲かせてくれて

ちょっと小さい鉢に移植しようと。。

まさか・・
小さな癌腫が。。
生育には影響ありませんでしたが

もう頭がぷちって音がして
ポイしちゃいました。
IMG_7902.jpg
IMG_7904.jpg
IMG_7905.jpg
IMG_7906.jpg
IMG_7907.jpg

かなしいいなあ・・
スポンサーサイト

さよならイヴピアジェ

ファンファーレを整理していたら
癌腫のイヴピアジェもほっちゃることにしました。
短い1年でした。。
成木のイヴピアジェもらう予定だし・・・

それと接ぎ木が成功した
この癌腫株からできた新苗も同時に廃棄です。

IMG_7913.jpg
IMG_7914.jpg
IMG_7915.jpg

IMG_7911.jpg
IMG_7912.jpg

さよならファンファーレ

苗を整理していたら
癌腫出して隔離してあるファンファーレを
もーれつに捨てたくなって
ポイしました。

根を崩していくといっぱい癌腫できてました。
長く我が家にいましたが
なむ~
IMG_7916.jpg
IMG_7917.jpg
IMG_7918.jpg

接ぎ木27日目

接ぎ木してから4週間経過・・・

サラスバティはもう15cmくらい伸びて棘もいっぱい出てきて、
植えたろかーちゅうくらいの勢いです。

IMG_7833.jpg

がんイブの1本は芽がするする伸びてきて、これ接ぎ木成功じゃないでしょうか。。
IMG_7835.jpg

がんイヴのもう1本は
芽が伸びないですねー
死んでる訳じゃなさそうですが・・
IMG_7836.jpg

初めてにしては
なかなか成功率高し!
て3本やっただけですが。。


今年の配布苗ブルパフューム めつぎ苗
芽がやっと出てきました。
IMG_7832.jpg

ユウツなスプリングフラッシュ

急激に葉幅が広がり
ぼうぼうに伸びて
密度が増して
1週間に1度の手刈りが困難になり
週1サラリーマンには
非常に厳しい季節がやってきました。。

アニュアルライグラスに効く生育調整剤があったらいいのにな~
IMG_7815.jpg


霜が毎日にようにおりてますが
成長はもう止まってくれません
シングルでひいひい言いながら刈って
IMG_7806.jpg

ダブルで刈って
IMG_7807.jpg

エッジを整形して
IMG_7810.jpg

踏み心地はよくなりましたが・・
IMG_7809.jpg

IMG_7818.jpg
IMG_7819.jpg


成長止まらないかな~

隔離、オオデマリもカミキリムシが・・・

一度癌腫を出して植え替えた鉢は隔離することにしました。
無駄な抵抗かも・・・
一年経ってもイマイチならば廃棄というこにしようかなあ・・・

廃棄があるから
新しい苗もスペースができる
まんまと乗ってしまってますが・・

と言うことで
疑わしきは掘ったり鉢換えをどんどんする。
生育がイマイチなのはイラナイ
ということにしました。

解らなくなるといけないので
癌腫タグを作って
巻いて隔離です。
しまった・・・癌腫なのに大きくなってねと思って10号鉢に植えちゃったぜ
IMG_7827.jpg
IMG_7829.jpg


玄関の大きなオオデマリの根元をふと見たら・・
めちゃくちゃ木くずが山盛り・・
我が家に住みだしてたときから植えた大切な木です。
あなたにもカミキリムシか入るんですか!

と言うことで、
穴の位置を確かめて・・
MEP注入・・
これでOKでしょう。。
IMG_7820.jpg
IMG_7821.jpg
IMG_7825.jpg

露地で生育不良のノヴァーリスを掘ってみました

昨年大苗を露地に植えたのですが

青バラ最強のはずのノヴァーリスがいまいち生育してくれません。

もう1年様子を見ようかと思いましたが・・
癌腫だといやなので
今日掘って様子を観察です。

冬選定しましたが
大苗の時と大きさが変わりません
根元には癌腫は見えません
IMG_7766.jpg
IMG_7767.jpg

スコップ入れて・・・
あれ?
やけにすこっと抜けてくるなあ・・・
IMG_7768.jpg


根の周りの土を落として・・・どきどき
癌腫はなさそう・・
IMG_7770.jpg

さらに根っこを洗って
食い込んでいるテープを外して・・・

うん?
そういえば細根(吸収根)が無い!
IMG_7771.jpg

しかも太根も腐っていたり・・
これは根腐れです。
湿害?
肥料のやりすぎ?
IMG_7777.jpg


とりあえず
某う○こ氏のおっしゃられるように
高植えしなおします。
下に腐葉土いっぱい入れて土と混ぜて
前より10cm以上高く植えました。
IMG_7776.jpg
IMG_7780.jpg

周りに土が無くなったので
赤玉と腐葉土混ぜて敷きました。
IMG_7782.jpg


今後、肥料はできるだけやらずに
細根の出てくるのを待ちます。

いやー
掘ってみるもんですねー

接ぎ木20日後

接ぎ木講習会でゲットした
ノイバラ台木3本に

サラスバティ1本、イヴピアジェ2本(癌腫付きからとった穂木)接ぎ木して
暖かい部屋に置いています。

手前の1本がサラスバティ、奥2本がイヴピアジェです。
IMG_7760.jpg
IMG_7761.jpg


なんかサラスバティの芽がめちゃ大きくなってきました!
3枚葉っぱが出たら成功だそうです。。
もう3枚くらい出ている気がします。。
成功?
せいこー!
IMG_7762.jpg


イブピアジュエは
まだやっと芽が出たところです。
IMG_7765.jpg

めんどくさいので
保湿用ビニールはずしたろ

それから・・・
思うところありまして
イヴピアジェの接ぎ木は
成功失敗を確認した後で廃棄することにしました。。。

癌腫・・・独り言

癌腫に無知な私は・・
今まで露地に植える大苗も
土をつけたまま
根を何も見ずに植えてきました。。

この頃
それはどうかと・・
思うようになってきました。

「国内で生産された苗は癌腫に感染しているという前提で根をよく洗って確認してから植えるように」
・・・ネットの園芸相談には出てきます。

バラ初心者の私は
癌腫て関係ない
と思ってましたが・・
結構な確率で出てきます。。

数鉢鉢換えしただけで。。。
ファンファーレとイブピアジェの2種で発見
そのまま癌腫だけとって植え替えしました。
イヴピアジェは明らかに生育が変だったのですが
ファンファーレは全く生育から解りませんでした。

↓は露地でどうしようもなく生育して暴れまくる
ラローズドモリナールです。
これは・・・ある方は癌腫と言い、
私はカルスではないかと思いますが
全く生育を阻害しているとは思いません。

しかし、露地で癌腫なら菌密度が増えて
次に植えるものの確率が増えると思われます。
IMG_6961.jpg

と言うことで
やっぱり癌腫は苗でなるべく持ち込まないように
できる限り自己防衛したほうが良い
というふうに考えるようになってきました。

鉢は植え替えて土もポイできますが・・・
露地はねえ・・
去年露地に植えたノヴァーリスの生育が悪いので
今、モーレツに掘り返して調べたいですが・・
待てよ・・
二年目に急激に大きくなる場合もあるしなあ・・・
と思って躊躇しちょります。(独り言)

そういえば
今年、グランアモーレやエマハミルトンも
根を確認せずにうえちゃったなあー(独り言)


○の家は
大苗が6号ポットに植わってやってきて
一番花を楽しんでから大きな鉢に
植え替えて下さいて
書いてありましたが、
半年ぎりぎりですよねー
ここでせっかく出てきた新根を引っぺがして
癌腫を確認して植え替えるのでしょうかねえ・・
そのまま崩さずに鉢増ししてしまいそうな・・・(独り言)

それくらいなら2月に
6号ポットに植わった土を洗い流して
植え替えた方がよいかなあ(独り言)


(独り言)につっこみ募集中ー

苗やさんから癌腫に対する問い合わせの返信メールがきました~

前の記事で
1年前に植えた
イヴピアジェの生育が悪いので
鉢を開けてみたら
でっかい癌腫ができていたと書きました。。
IMG_7754.jpg

ダメもとで保証はあるかどうか
苗やさんにメールしたら
すぐに返信が返ってきました。。

結果は・・・ダメでした。。
内容は下記に貼り付けておきます。。
概要は
・この苗やさんは癌腫に対しては半年補償なので補償期間が過ぎていること。。
・癌腫に対する苗やさんの見解。。
です。。
まあ・・仕方がないかなー


以下
メールの内容です。


○○様  
  
お世話になっております。 
この度はご連絡いただきましてありがとうございました。  

当店ではがん腫はご購入から半年以内でしたら補償期間になります。
申し訳ございませんが、今回は補償期間外となります。

がん腫苗の処置法についてです。

社長ががん腫についてまとめたものがございますので
以下に添付いたします。ご参考いただければ幸いです。

どうぞ宜しくお願いいたします。

以下がん腫についての社長の見解です。
  
【根頭がん腫病について】


根頭がん腫病は、うどん粉病などと同じように、
どんなに消毒していても、時に出てしまう病気です。

苗を作る段階で、度々消毒しているのですが、

根頭がん腫病の菌は、自然界のどこにでも存在する
菌(アブロバクテリウム・ツメファシエンス Agrobacterium tumefaciens)

となりますので(うどん粉病、黒点病と一緒です)
圃場のみの消毒(バクテローズ処理等)では限界があります。

また夏場の水枯れなどから根が傷み、
それによって秋に発生する事も多いです。

また植えつける用土によってもがん腫の発生のしやすさが異なり、
赤玉土が多めの方が科学的にも発生が少ないと証明されています。


根頭がん腫病の対処法としましては、
大きめのカッターナイフなどで切り取り、

バイネキトン
http://item.rakuten.co.jp/baranoie/960403/

油粕などを切り口に塗りつけます。

そうすれば、またコブが出きる時もありますが、
同じ対処をすれば、だんだんとなくなります。

また、切り取ったコブはゴミで出して、
お庭に放置しないでください。

ですが、コブ自体には病原菌はありませんので、
それほど神経質になる必要はありません。
(病原菌による自己増殖で、コブにはないのが科学的に証明されています)


また、病気への対処をしましても気になるようでしたら、
元々のバラは堀あげ、ゴミとして焼却してください。

私の私見では、
処分してもしなくても自然界に普通に存在する典型的な菌ですので、

それほど気にせず、個々の樹の対応(コブの切除&バイネキトンの処理)
で十分な対応です。


この対応だけで、今後も美しいバラを咲かせられますので、
ご安心してお育て下さい。


簡単にですがご説明させて頂きました。

この度はありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*
苗やさんの住所と名前

*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*



> 2014年11月14日に注文して
> 2015年に到着した
> イヴピアジェの大苗(注文番号【          】)
> ですが
>
> 鉢に植えて生育が芳しくなく
> 1年後の本日
> 2016年2月14日に植え替えしたところ
> 大きな癌腫が見つかりました
>
> →下記ブログの記事を参照してください
>  http://shibafutobaranoniwa.blog.fc2.com/blog-entry-160.html
>
>
> こういう場合
> 苗補償はあるのでしょうか?
>
> よろしく
> 回答お願いします。
>
> ○○県・・・・
> ○○

以上
プロフィール

shibafutobara

Author:shibafutobara
三重県にて家族をこよなく愛するサラリーマンです。
県内のガーデナーと交流を持ちたいなあ。

ツイッターです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター 2015年1月15日~
フリーエリア
ブロとも一覧

Kako's Roses

そらまめどっとこむ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR